無職ゲーマーの生きる道

ゲームの話、お金の話など。僕の全てがここにある!!

スポンサーリンク

【RPGレビュー】『GOD WARS (ゴッドウォーズ) 日本神話大戦』SRPG好きにはオススメ!

f:id:kamisan_07:20180812161133j:plain

 

『GOD WARS 日本神話大戦』

ジャンル タクティクスRPG
 ハード PS4 / Vita / Switch
 発売日 2018年6月14日

 

 

2017年6月に発売された『GOD WARS ~時をこえて~』に新キャラ、新シナリオ等を追加した完全版。

日本神話” ”SRPG” この2つのワードで興味アリアリだったのですが、積んでるゲームが多くてちょっと様子見してました。

今回新キャラを加えた完全版が出ると聞いて即購入!

 

率直に言って、キャラやシナリオ目当てに買うゲームじゃないな、という印象。

ひどい・・・というわけではないんですけどね。

神話大戦という大層なワードに名前負けしていると感じました。

終盤に「おぉ、この神様がラスボスかぁ」とちょっとだけ盛り上がる程度でした。

 

ただ、SRPGが好きな人にはタクティクスバトル面は十分に満足できると思います!

なので今回は戦闘システムを中心に紹介します。

 

 

職業の数が多く、好きなキャラに自由に役割を与えられる

f:id:kamisan_07:20180812162742j:plain

 

それぞれのキャラクターに主職業副職業固有職業の3つを設定することが出来て、3つの職業の持つスキルを使用できます。

固有職業のみ変更不可。

このシステムによって、見た目ゴリゴリマッチョマンが補助法術・回復法術を使いこなす、みたいなことが出来ます。

(※このゲームの法術 = 一般的な魔法)

 

これに関してはキャラの個性が薄まるというマイナス評価も多いみたいですが、個人的には良いシステムだと思います。

この手のゲームってどうしても近接物理職よりも遠距離物理職の方が使いやすく、さらに遠距離物理職よりも魔法職の方が使いやすい傾向があると思うんです。

近づかずに攻撃できて、かつ範囲攻撃が出来た方が使いやすいので。

これに加えて出撃可能ユニット数にも制限があることが多くて、好きなキャラが自由に使えない・・・なんてこと多いですよね。

 

固有職業で最低限の個性を残しつつ、基本的には自由にカスタマイズ出来る。

良いと思います。

 

f:id:kamisan_07:20180812164259j:plain

 

スキルもレベルアップで自動的に覚えていくのではなく、スキルツリー形式になっていて自由度が高いです。

 

 

状態異常が2段階。補助法術が重要!

f:id:kamisan_07:20180812164615j:plain

 

麻痺→衰弱混乱→錯乱のように、同じ状態異常攻撃を二度受けると多重化します。

一部のボスは当然のように1回の攻撃で多重化状態にさせてきますが。

このゲーム、状態異常がかなり重要で、特に麻痺が強すぎます。

全体を見てもバフ盛って強力な魔法ドカーンで終了!みたいなバランスになっていないのが良いです。

バフデバフ、状態異常、属性耐性、etc.

 

遠距離から範囲攻撃が出来る法術攻撃が便利なのには変わりないのですが、特に終盤にかけて嫌がらせのように敵が

法術攻撃完全回避」「法術攻撃確率反射」の受動スキルを持っていたり、補助法術でこの状態にしてきます。

バランス考えてるなぁという印象です。

回避されるだけならまだしも、反射されると即死しますw

 

 

MP回復と高低差補正

f:id:kamisan_07:20180812170222j:plain

 

戦闘開始時のMPは0で、ターン経過や回復アイテム使用、またはMP回復スキルを使ってMPを確保してからスキルを使います。

 

f:id:kamisan_07:20180812170445j:plain

 

各キャラにはMP回復率というステータスがあって、ジョブによって変化したり装飾品で増減させたり出来ます。

 

次に高低差補正について。

向き』の概念(横や後ろから攻撃するとダメージアップ)に加えて『高低差』の概念があります。

 

f:id:kamisan_07:20180812170742j:plain

 

物理攻撃のみに影響して、特に弓による攻撃には補正が大きくつきます。

高所に陣取る相手を攻めたり、城門を壊す必要があるけど上から弓撃ってくる!みたいな絶望感をうまく表現できていると思います。

シナリオ上、こちらが高所を抑えて敵を迎え撃つステージは少ないですが。

 

f:id:kamisan_07:20180812173836j:plain

 

 

プレイアブルキャラが多く、ゲームボリュームも膨大

金太郎のクマ、浦島太郎のカメ、桃太郎のイヌ・サル・キジがプレイアブル化しているのは面白い。

 

f:id:kamisan_07:20180812171545j:plain

 

クリア後のやりこみ要素が多くて、全てクリアしようと思うと150時間くらいは必要です。

あ、トロコンはもっと早い段階で出来ますよ。50~60時間くらいでしょうか。

 

 

最後に・・・スキル名がカッコイイ!

これはどうでもいい人にはとことん興味ない部分だとは思いますが、スキル名が和風でカッコイイものが多いです。

自分のような武器名やスキル名で興奮するタイプの変態にはオススメです!!!

 

黒死華焔陣 (こくしかえんじん)

壱師花を咲かせ攻撃する火属性の範囲法術攻撃。確率で猛毒状態にする。

 

もうね、このスキル名と説明文だけでテンション上がりますw

 

闇咲華霜陣 (あんしょうかそうじん)

黄泉界門 (よみかいもん)

衝解破斬 (しょうかいはざん)

八百雷鎚 (やおいかづち)

亡魂葬乱 (もうこんそうらん)

冥闇波撃 (めいあんはげき)

神儀夜見之咲彌 (しんぎよみのさくや)

神儀天之伽具矢 (しんぎあまのかぐや)

 

 

 

とまぁ最後のは置いておいて、

タクティクスバトル」「ゲームボリューム」、この2点がオススメポイントですね!

SRPG好きにはアリな1本だと思いました!

続編の制作も決まったみたいです。