無職ゲーマーの生きる道

ゲームの話、お金の話など。僕の全てがここにある!!

スポンサーリンク

原因はコーヒーアレルギー!?呼吸困難で死にかけるも、救ってくれたのはやはりキンハーだった。

f:id:kamisan_07:20180605143850j:plain

※ブログなので面白おかしく書いている部分がありますが、実際には可能な範囲で救急車の適正利用を意識して行動したつもりです。

 

 

今年に入ってから、生き延びるために新しいことを始めました。

雇用されているわけではないですが、肉体労働と頭を使う系の中間的な。

慣れも出始めてきた、とある日の作業中。

急に吐き気とめまいに襲われました。

 

うん・・・。まぁ、とても健康的な生活をしているとは言えないけどさ・・・

それでも食事や睡眠は最低限気にしていたつもり・・・

 

原因が分からない吐き気とめまいが激しくなっていく。

おまけに呼吸も怪しくなってきた。

 

これはアカン!!

と思って戦線離脱。戦略的撤退。

家に戻って横になって休めば落ち着くだろうと思っていたのですが・・・

症状は悪化している気がする。夏場のワンちゃんのように超大きくはぁはぁしてギリギリ呼吸ができるレベル。

 

「あれ・・・?これ、死ぬ? 最期ってあっけないんだなぁ」

と思い始める僕氏。

でも急に死を意識したところで何も具体的な行動はとれない。

 

そうこう考えているうちに、いよいよお迎えがきそうな感じに。

もう、いいかな・・・と思って目を閉じたその時・・・!!!

 

 

 

???「諦めちゃダメだ!!」

 

 

 

f:id:kamisan_07:20180605145550j:plain

 

 脳裏に王様が!!

このシーン懐かしいなぁ。

もう何年前になるんだろう。初見時のザルディン戦でお世話になりました。

 

 

そうだ!諦めちゃダメだ!

会社を辞めてもここまで1人で生きてこれたじゃないか!

今年ついにKH3が発売だぞ!

朽ち果てるにはまだ早い!

 

王様のヒールで僕のHPが小回復したので、とりあえず救急車を呼ぶことに。

直接呼んでも全く問題ない状況ではあったと思うけど、東京消防庁にはこういうのがあるので一応利用。

 

f:id:kamisan_07:20180605150646j:plain

 

即、救急車呼ばれましたけど。

処置を受け、容態は落ち着きました。

 

落ち着いてから先生と色々話したんだけど、やっぱり原因が分からない。

血液検査、MRIともに数値的には異常なし(MRIは後日ですが)

バツが付くのは毎度おなじみの低コレステロール低BMIくらい。

コレステロールが低いのってどうしたらいいの?

卵食べまくればいいの?まよちゅっちゅすればいいの?←

 

先生からは安定の「疲労とストレス」認定。

まぁ数値的に異常が出ないんだから仕方ないんだろうけど、原因が分からないと医者は必ずこう言うよね。

 

「今日起きてから体調が悪くなった時まで、何か普段と変わったことは?」

と、事細かに思い返すように言われる。

思い当たることは、普段あまり飲む機会のない缶コーヒーを飲んだことくらい。

すると先生が食いつく。

「それじゃない?」

「今までにコーヒーを飲んで体調悪くなったことは?」

 

ないです。

 

話を聞くと、コーヒーというかカフェインがアレルギー源になって、蕁麻疹がでたり呼吸困難になったりするケースがあるみたいなんです。

へぇーへぇーへぇー( ..)φ

88へぇ。

 

まぁでもアレルギーって急に出るって言いますもんね。

結局のところハッキリはせず、ストレスとうまく付き合ってねって。

 

いやいやwww

もう怖くてコーヒー飲めないんですけど!?www

原因を特定するのがアンタの仕事やないんかあああああああああああ

 

 

当日と次の日は流石に少し頭痛が残ったけど、二日後にはケロッとしてました。

本当になんだったんでしょうか。

ちなみにこの日からコーヒーは一切飲んでませんw

 

小ネタ集

あの日は全く余裕なかったけど、後々思い起こすと色々とありました…

 

 

先生VS医療事務

今回受け入れていただいた病院が地元ではそれなりの大きさだけど、そんなに多く救急患者を受け入れたりしていないみたいで…

 

「ねぇ先生、これどう書けばいいの?」

 

「なーにやってんのどこに〇してんの!急患だけど入院はしないんだから なんとかかんとか」

 

「でもこれは?」

 

「いやだから入院はしないんだから うんたらかんたら」

 

「え?でもこの前はこうしたでしょ?」

 

「だ・か・ら!入院はしないんだから##pP@%#あ*@#」

 

 

うおおおおおおおいい!!そんなの後にしてさっさと点滴打ってくれえええええ!!!!!

って隣で横たわりながら心の中で叫びました。

 

 

 

それは意識が朦朧としているからではない

消防士さんと電話でのやりとり。

 

「じゃあ、年齢を教えてくれるかな?」

 

「え?えぇ~っと・・・」

 

「まずいな!意識が薄れている?大丈夫ですか!!」

 

 

ごめんなさい。

2018-1991を計算しないと自分の年齢分からないんです。

救急車の中で再度聞かれたときは即答できました。

やったぜ。

 

外界との繋がりが無さすぎて、自分の誕生日すら気づいたら過ぎ去ってるからね。

引きこもってると自分の年齢書く機会も全くないし。

さすがにヤバいなと思ったので、自分の年齢くらい把握しておきます・・・。

 

 

みなさんも体調とコーヒーには気を付けてくださいね!

自分の頭の上にHPゲージが表示されればいいのになぁ。