無職ゲーマーの生きる道

ゲームの話、お金の話など。僕の全てがここにある!!

スポンサーリンク

【シノアリス】『虚妄の杖』の評価とウェポンストーリー

新ガチャ『蜜月ノ夢』に登場。

新ジョブ『グレーテル/クレリック』の開放武器になります。

 

 

 

基本情報

f:id:kamisan_07:20171116041338p:plain

コスト:18 属性:
ステータス(Lv80):1710 1706 984 823 (5223)
モノガタリ/コロシアムスキル 防上の吐息(Ⅲ)
味方1体のHPを大回復する。
さらに味方の物理防御力を小アップする。
コロシアム補助スキル 魔力供給(壱)
コマンド実行時、一定確率でSP消費を少し抑える。

 

 

個人的評価

「ジョブ開放武器の性能は控えめ」という傾向そのままの性能。

防御バフ付きとはいえ、回復は1体固定の大回復。

コロシアム補助スキルも強いとは言えません。

 

魔力供給は杖メインで+楽器、+本などのハイブリッド編成をする場合に、数本入れておくと無駄のない編成ができます。

ただ、せめて(壱)ではなく(弐)は欲しかったというのが正直なところ。

 

杖の本数が揃っていない方には即戦力に、ある程度揃っている方には物足りなさを感じる性能と言えるでしょう。

ガチャ産のコスト18武器ということで、ステータスはかなり高めです。

 

 

ウェポンストーリー

彼(彼女)は自己満足の「堅い大地」という現実に再び戻ることはないゆえに、「受動的虚無」が彼において確定的事実となります。
それも「受動的虚無」の海を虚妄の自我自身と混同しながらも、認められない心理的な枷がはめられた状態であると言えます。

 

自己中心性は生けるものの本性であるゆえに、私どもはかかる虚妄の自我を彼女と定義することにしました。
そして、虚構の推意として受け取られる「真理」の身分など、虚構が現実に接合する地点で生じる問題について研究を始めることにしたのです。

 

先の論文で述べた乖離状態とは、彼の自我の自閉性、自己中心性の塊であり、本来、自我の保全のために、その防衛本能が働いた状態であると定義しました。
つまり彼(彼女)の虚構の推意として受け取られる「真理」の身分といえる存在です。

 

結局のところ彼の自我は、これまでの自己満足的「所有のたかみ」の迷妄を破られることによって、おのれの実体との間に破綻をきたしてしまい、自閉的虚妄の自我にどこまでも執着することで起こる自己隠蔽、自己忘却しようとして失敗しながら、自己の保全行動に囚われることとなります。

 

 

―――――――――― 

いやー難しい!

学生時代を思い出します。

こういう学術論文って一つの文が長いんですよね…

主語と述語をまず抑えて、修飾語は最悪切り捨てながら読み進めて大意をつかむしかない。

グランメダル交換武器の「虚妄の剣」のウェポンストーリーも読んでみたくなりました。

同じような構成なのか、全く違うのか。

気になるなぁ。

 

おまけ:ガチャ結果

f:id:kamisan_07:20171116052416p:plain

 

今回は140連して、

SSは魔具1つのみという結果でした(;_;)

前回の後衛ガチャが290連でSS7つだったから、反動がきたんですかね。

 

f:id:kamisan_07:20171116052715p:plain

 

ジョブと武器、それぞれ交換しました。

今月はもう回さない・・・。

 

【シノアリス】の記事一覧はこちら