無職ゲーマーの生きる道

ゲームの話、お金の話など。僕の全てがここにある!!

スポンサーリンク

【シノアリス】ウェポンストーリーを味わう! A→SS魔具『妖精の歌』

こんにちは、無職ゲーマーかみさんです。

 

目指せ魔具ファイター!

ということで、今回はおそらく進化させている人が少ないであろうA→SS魔具の『妖精の歌』のウェポンストーリーの紹介です。

読み応えありますよ。

 

f:id:kamisan_07:20171012165850p:plain

 

あるところに売れない歌人がいた。
その歌人の語彙は拙く、親しい者は皆、彼の無謀を止めようとした。
しかし、そんな歌人にも世に知られていない最高傑作があった。

 

その歌は、ある妖精を助けた時に授けられたものだった。
「この歌の力は強力です。本当にどうしようもならない時だけ歌うのです」
そんな助言と共に授けられた歌だった。

 

その歌人は歌を詠み続けた。しかし生活は貧しく。
何度も妖精に授けられた最高傑作を世に出そうと思った。
しかし、彼は妖精との約束を守り続けた。

 

やがて飢餓に苦しみ続けた歌人にも、命の灯火が瞬く瞬間が訪れる。
歌人は最後の力を振り絞りその歌を詠んだ。
その時、全身を光が包み込んだ。
次の瞬間、飢えを知らぬ妖精となっていた。

 

妖精の意図と歌人の心

今回はまず、妖精=不死 と仮定して想像していきたい。

この歌人は自ら欲したわけではないが、永遠の命を手に入れた。

これから何をするのだろう。歌を詠み続けるのだろうか。

 

また、「妖精の歌」を授けた側の妖精にはどんな意図があったのだろう。

単に助けてもらったお礼なのか、この歌人だからこそ授けたのか。

仮に歌人の心を見抜いて歌を授けたのであれば、いったい何のため?

数少ない情報だけでも、歌人の人柄の良さ、真面目さ、歌への愛は伝わってくる。

上達するための永遠の時間、好きなことに没頭するための永遠の時間を与えたのだろうか。

 

逆にこの妖精が悪意を持って歌を授けたとするとどうだろう。

一気に怖い話になるね。

歌を詠むことしかできないにも関わらず、才能がない。

そんな歌人に永遠の時間を与え、歌を詠み続けさせる。

 

ただ、このストーリーはおそらく「良い話」

そもそも妖精の歌は、詠む者によって効果が変わるのかもしれない。

奇跡は努力の先にあるもの。

これは、妖精の歌を奇跡の歌へと変化させた、偉大な歌人のモノガタリ。

【シノアリス】の記事一覧はこちら

→  無職ゲーマーかみさんのTwitterはこちら

気軽に話しかけて下さいね!