無職ゲーマーの生きる道

ゲームの話、お金の話など。僕の全てがここにある!!

スポンサーリンク

アクアプラスさん!ティアーズ・トゥ・ティアラの新作はまだですか?

こんにちは、無職ゲーマーかみさんです。

ティアーズ・トゥ・ティアラ(以下、TtT)シリーズは、アクアプラスさんが出しているシミュレーションRPG。

【アドベンチャーパート】と【シミュレーションパート】を交互に行い、物語を進行していきます。

現在3作発売されています。

 

『ティアーズ・トゥ・ティアラ 花冠の大地』
 2008/07(PS3)、2010/11(PSP)

『ティアーズ・トゥ・ティアラ 外伝 アヴァロンの謎』
 2009/09(PS3)、2010/12(PSP)

『ティアーズ・トゥ・ティアラ2 覇王の末裔』
 2013/10(PS3)

 

元はPC用のアダルトゲームで、リメイク作にあたります。

その名残で主人公がやけにモテたりしますが、不快な要素はないですよ。

内容は王道の中世ファンタジー

泣けます。

 

ウルっとくるシーンってよくあるじゃないですか。

でも僕たいてい耐えるんですよ。

まだ見ぬゲームが僕を待っている。

まだだ!こんなところで泣くわけには・・・!って(笑)

 

でもダメでした。

このシリーズの2の某シーンで、

涙どころか鼻水まで止まらなくなって、顔面ぐっしゃぐしゃ\(^o^)/

想像のはるか上をいく展開でしたね…

 

今回はTtTシリーズを簡単に紹介しようと思います!

 

ティアーズ・トゥ・ティアラ 花冠の大地

それは、友と交わした遥かな約束の物語。

かつて・・・黄金の時代があり、白銀の時代があり、青銅の時代があった。

『青銅の時代』の終焉から1200年。

大陸では新たに勃興した『神聖帝国』がその勢力を広げ、あまねく辺境の地を、かつての『古代王国』の領域までをも呑み込みつつあった。

そんな中、帝国の侵攻を受けた『エリン島』では、ゲール族の少女「リアンノン」が、魔王「アロウン」復活の儀式の為、今まさに生贄にされようとしていた。

様々な要因が重なり、儀式自体は失敗してしまったかのように見えたが、結局、魔王「アロウン」は復活してしまう・・・。

 

 

僕は優劣をつけるのはあまり好きではないですが、「やっぱり初代が一番」っていう評価が多いかも。

領土拡大を続ける神聖帝国の圧倒的な物量に抗っていくというストーリー。

序盤~中盤にかけては、将軍ガイウス率いる帝国軍との戦い。

終盤は天上の存在、精霊といった神々との戦いに。

 

主人公のアロウン(CV:大川透)

f:id:kamisan_07:20170826025911j:plain

永きにわたる眠りから目覚めた魔王。
伝説上の存在であり、漆黒の衣の奥に、多くの謎を秘めている。
復活後、リアンノン達と行動を共にすることになる。

 

W主人公のアルサル(CV:石井真)

f:id:kamisan_07:20170826030359j:plain

ゲール族の若き戦士。リアンノンの兄。
誓約を重んじる、熱く、真っ直ぐな男。
一の戦士として、ゲール族の戦士団を率いている。

 

この二人と仲間たちが神聖帝国による支配を拒み、古代王国復権のために戦います。

僕が一番好きなのはガイウスさん。

 

f:id:kamisan_07:20170826030830j:plain

主人公たちに攻め入る帝国遠征軍の総司令官。

この人がまた良いオッサンなんですわ(´;ω;`)

シナリオ中盤のアヴァロンでの決戦。

TtTは毎回中盤が最大の山場なんです。

 

「時と場所が違えば、お互いに分かりあえたかもしれねえな・・・」

と言って、自分の想いをアロウン・アルサルに託して息絶えます。

でもね、ここは耐えたよ!

涙がこぼれ落ちてくるのは防いだ。

このシーン以外にも、様々な関係性で感動するシーンが多数あります。

 

難易度は低めで、普段シミュレーションRPGをやらない人でも、システムを理解すれば難なくクリアできるはず。

マイナス点として言われることが多いのは、イベントシーンの長さ。

長いシーンだと30分~1時間くらいの長さになるシーンもあります。

サクサク進めたい人には気になる点なのかもしれませんが、僕は全く気になりませんでしたね。

 

ティアーズ・トゥ・ティアラ 外伝 アヴァロンの謎

エリンとアルビオンに新王国がうちたてられて、まだ間もない頃。

王国の中心アヴァロン城では、二人の王によってまつりごとが行われ、人々は平和を謳歌していた。

そんなある日のこと。

いつものように目覚めた魔王アロウンは、部屋中が奇妙なツタで覆いつくされている事に驚く。

異変は、どうやら城全体に及んでいるらしく・・・。

 

 

前作、花冠の大地の外伝作品。後日談的な。

なので花冠の大地プレイ後のほうが、より楽しめるかと思います。

新しい戦闘システムが追加され、敵2キャラが自軍で操作可能になりました。

もちろん1人はガイウスさん!

この手の展開だとたいてい味方になった途端弱くなるんだけど、ガイウスさんはそんなことありません。さすがです。

 

あとはね、前作と比較して難易度が上がった。

個人的には大歓迎なんだけど、万人受けするかと言ったら微妙だよね。

ただ、難易度は3種類から選べるし、シナリオも相変わらず良いですよ。

前作で言われることの多かったイベントシーンの長さも、重要な場面のみに絞ってきた印象があります。

 

ティアーズ・トゥ・ティアラ2 覇王の末裔

失われた女神と覇王の物語。

神聖帝国の苛酷な支配に苦しむ、属州ヒスパニア。

その片田舎にある村で、ハミルは帝国の労役にかり出される毎日を送っていた。

彼はヒスパニア王家の末裔だったが、その家も今は滅び去り、見る影もない。

帝国軍の暴虐と、貧しく疲れ切った人々を目の当たりにして、無力感にうちひしがれる彼の前に、ある日、不思議な少女が現れる。

彼女の名はタルト。

自らを戦女神だと言い張り、帝国との戦いを呼びかけるタルトを、ハミルは取り合わず、遠ざけてしまう。

だが、そのタルトが帝国軍にさらわれたことで、ハミルはヒスパニアの反乱へと巻き込まれていく・・・。

 

 

前作では敵対関係にあった、帝国の属州ヒスパニアが舞台。

反乱をおこし、帝国からの分離独立を目指す物語です。

 

主人公のハミル(CV:松岡禎丞)

f:id:kamisan_07:20170827031114p:plain

ヒスパニア王家の血筋にして、唯一の生き残り。穏やかで心優しい少年。
帝国貴族として属州総督の地位にあった父親は、7年前に反乱をもくろんだ罪で殺されている。
それ以来、反逆者の息子として、帝国の監視下で暮らしている。
帝国をあざむくために、あえて軟弱なうつけ者を演じているが、実際は冷静沈着な策士。
内心では父親の遺志を継ぎ、ヒスパニアの独立と帝国打倒の機会をうかがっている。
その秘めた強い想いは、やがてタルトを召喚することとなる。

 

ヒロインのタルト(CV:釘宮理恵)

f:id:kamisan_07:20170827031858p:plain

古代よりヒスパニアで信仰されてきた女神様。
地上に降り、ヒスパニア軍に戦女神として加勢する。

 

帝国軍司令官、イゼベル(CV:斎藤千和)

f:id:kamisan_07:20170827032319p:plain

かつてはヒスパニア総督(ハミル父)の側近だったが、機を見て帝国に寝返り、ハミルの父を死に追いやる。
その功績を帝国に評価され、ヒスパニアを支配している。

 

前作と同じで、中盤が最大の山場

ハミル君たちが一斉蜂起して、帝国からの独立を目指す。

帝国の総大将が親の仇であるイゼベル、という展開。

 

裏切って地位を奪う最低の悪女。

これだから唇が紫のやつは信用ならん。

胸が大きければなんでも許されるのか?

養ってください何でもしますから!

 

と思いながら進めていると、大どんでん返しです。

もちろんイゼベルの行動の理由を想像しながら進めていましたが、想像のはるか上をいかれました。

参ったでござる。

涙と鼻水が止まらなくなって、全治30分の大ダメージ。

 

TtT2はやって損のないゲームだと自信をもって言えます

むしろあのシーンで泣かない人なんているの?

僕なんかもう何十周もしてて、セリフの一つひとつまで覚えているのに毎回毎回泣いてるからね(笑)

 

前作はギャルゲー色が強かったけど、今作はまさに超王道。

女性の方でも不快感無く楽しめると思います。

前作未プレイでもついていけますよ。

もちろんシリーズ物なので、プレイ済みのほうが細かい設定が分かりやすいとは思いますが。

 

難易度は1外伝に続いて高め。

発売当初、EASYでもクリアできないっていう声が多かったみたいで、VERY EASYが追加されました。

なので今は誰でもストーリーが追える難易度になっています。

難易度をあげるととことん難しいけど、そこがまたいいんですよ。

 

f:id:kamisan_07:20170827034115j:plain

f:id:kamisan_07:20170827034132j:plain

(画像は公式サイトより)

 

こんな感じで行動範囲や技の範囲があるよ。

標準的なSRPGって感じかな?

あとは巻き戻し機能なんてのもあります。

デメリットなしで、指定したターンからやり直せます。

難易度を上げると、巻き戻しありきの難しさってことですね。

 

詰将棋をしてる感じ。

トロコンの達成感はかなりのものです!

ストーリーを追いたいだけなら難易度を下げればいいし、トロコンを目指すならかなりの歯ごたえがある。

SRPG好きも満足できるのでは。

 

ティアーズ・トゥ・ティアラは3部作構想らしい

TtT2の制作が決定した際、もともと3部作構想だったことが明かされています。

TtT2の発売が2013年だから、そろそろ何かしらの情報が欲しいですよね。

今までの流れだと、2外伝が出れば、イゼベルが操作できるはず!

ただTtT2の売れ行きを見ると、難しいのかもしれません。

 

『隠れた名作』といえば聞こえはいいけど、隠れすぎでしょう!笑

公式サイトにある応援バナー貼りまくるから頑張ってくれ~

 

ティアーズ・トゥ・ティアラ / AQUAPLUS

ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔|AQUAPLUS

 

なんでこんなに値崩れするのか分からない良作です。

ぜひTtTで泣いてください!

そして2外伝と3を作ってもらいましょう(^^)/

 

「さぁ征こう!全てを覆し、取り戻すために!」