無職ゲーマーの生きる道

ゲームの話、お金の話など。僕の全てがここにある!!

スポンサーリンク

ソシャゲの新時代到来は近い!?

f:id:kamisan_07:20170819210234j:plain

そろそろ大きな変化があってもいいのでは。

こんにちは、無職ゲーマーかみさんです。

 

GREE、Mobage全盛期。人気ゲームはほぼカードゲームだった。

ガチャでレアカードを引いて、デッキを組む。

題材が神話なのか、童話なのか、戦国・三国武将なのか、スポーツ選手なのか、アイドルなのか。

その違いだけ。

それから数年『パズドラ』を中心に、主流がネイティブアプリになった。

(厳密にはネイティブアプリはソシャゲじゃない、とかそういう細かいことはいいんです)

ここでの一番の変化は”ゲーム性”。

旧式のカードゲームと比較して、新しさが評価されて爆発的にヒットした。

それからさらに数年が経って今現在。

新しさを感じたゲームってありますか?

今回は僕が感じた新しさを紹介しようと思います。

 

【シノアリス】イベント ー ギルドボックスガチャ

f:id:kamisan_07:20170819211609j:plain

 

それは最悪の「物語」

欲望疑心暗鬼がテーマのシノアリス。

 

f:id:kamisan_07:20170819211821p:plain

 

このイベントを簡単に説明すると、

・シノアリスでは最大15人のギルドを作り、ギルド対抗戦(コロシアム)に挑む
・ログインボーナスやコロシアムの報酬で『血』を集める
・集めた『血』を使って、ギルド内で共有するボックスガチャを各々が引く。

 

ポイントは、ボックスガチャがギルド内で共有という点。

目玉アイテムのSSレアは10個入っていますが、仲間の誰かが当てればどんどん数が減っていきます。

さらにこれ。

 

f:id:kamisan_07:20170819212835p:plain

仲間のために当たりをガチャに戻すことが出来る。

誰がそのまま取得したのか、もしくは返却したのかは、ギルド内の全員が分かる。

欲望のままに行動するのか否か。

仲間でルールを決めるのか。誰かが裏切らないか。疑心暗鬼

シノアリスの世界観通りです。

 

今までの常識だと、ゲーム内でチームを組んだら、当然他のチームと戦うわけです。

このイベントは、まるで仲間同士で争わせるかのような内容。

新しいですよね。

 

【KHUX】 がんばれ!「ウルスス」キャンペーン!

f:id:kamisan_07:20170819213646p:plain

キングダムハーツシリーズのスマホアプリ、ユニオンクロス。

このゲームでは闇の脅威に対抗するため、キーブレード使い(各プレーヤー)を集めて5つのユニオンを形成します。

世界を救うためにハートレス(敵)を倒して、光(LUX)を集める。

この光を集めた量を、1週間ごとに各ユニオンが競うのがユニオンランキング。

「ウルスス」というのは5つのユニオンのうちの1つで、ほぼ毎回5位。最下位。

 

2017年6月19~25日に開催されたイベントが、ウルススキャンペーン。

ユニオンランキング確定時、「ウルスス」の順位に応じて、全プレーヤーに報酬を配るというもの。

所属するユニオンはゲーム開始時に選ぶのですが、一定のアイテムを消費することで他のユニオンに移ることも可能。

 

毎回最下位のウルススを1位にしてね! というイベント。

今回だけウルススに移るのか?
他4つのユニオンは手を抜けということか?
それぞれのユニオンで頑張ってきた人の気持ちは?

 

結果は最下位常連のウルススが、見事1位になりました。次週からは元通りですが。

1位になったときの報酬が豪華だったので、かなりの人がウルススへ移ったようです。

 

キングダムハーツは、シリーズを通じて『心』がテーマ。

KHUXでも

心の闇が大きくなり、互いを信じられなくなった結果、ユニオン同士が光を奪い合うようになりキーブレード戦争へとつながる…

というシナリオです。

このイベントは、プレーヤーの心の闇を増大させるためのもの、疑心を植え付けるためのものであったと考えられます。

 

2つのゲームの共通点

シノアリス、KHUXに共通するのは、

プレーヤーの感情や行動が、シナリオに含まれている

という点だと思う。

ここに新しさを感じる。

 

SNS上でつながり、助け合い、憎みあう。

これがシナリオの本筋に関わってくる。

何を感じ、誰が見方で、誰が敵なのか。

普通に考えたら荒れる、不満が出ると分かり切っているイベントをあえて行う。

面白いよね。

 

ちなみにKHUXでは、2周年を間近に控えている時に、通常クエストが更新されました。

その中に

この2年、闇の魔物を倒し光を守護する日々。

出会いと別れもいくつか経験した。

パーティーメンバーも何度か入れ替わり、

初期からいっしょにいる仲間も少なくなった。

 

こんな描写があります。

ゲーム内のキャラクターのセリフでありながら、プレーヤー自身のセリフでもある。

まさしく自分自身。

 

ゲームの行きつく先は

今回とりあげた2つのゲームは、個人的にかなりやりこんでいるゲームです。

1つひとつのイベントも楽しめていますが、なにより

ゲーム自体の行きつく先がどうなるのか、楽しみで仕方がありません。

こういう感覚は初めてですね。

 

シノアリスの最悪の物語の結末は

キングダムハーツの「プレーヤー」はどうなってしまうのか

 

どういう形でサービス終了を迎えるのかが気になる。

採算が取れないから終わらせる…

この2つのゲームはきっと違う形を見せてくれるでしょう。

シナリオの一部として終わらせるのかな。

 

今後ソシャゲはどんな方向に進化していくと思いますか?

ゲーム上での争いがリアルな争いになり、事件が発生する。

なんてことがあったりしてね。

www.blog-kamisan.com

www.blog-kamisan.com