無職ゲーマーの生きる道

ゲームの話、お金の話など。僕の全てがここにある!!

スポンサーリンク

「大人になるとゲームがつまらない」について考えてみた

f:id:kamisan_07:20170806192228j:plain

永遠の13歳。

こんにちは、無職ゲーマーかみさんです。

 

これね。僕には意味が分からない。

ゲームをするために無職になった人間に分かるはずがないよねw

なので必死に想像してみました。

 

いっしょに遊べる人がいない、感動を共有できない

まず大きいのはこれだと思う。

自分が感じたものを誰かに伝えたい!共感してほしい!という願望。

子供のころは無意識のうちに、この欲が満たされていたんだろう。

 

ゲーム実況という文化がここまで発展したのも、これが要因の1つだと思う。

リアルで感動を共有できないから、ネット上で共有する。

でもネットはネット。リアルはリアル。

リアル優先が一般的。

 

大人になって賢くなりすぎた

ゲームシステムそのものが簡単に感じてしまうと、得られる感動や刺激って少なくなるよね。

あとは効率とか生産性を意識してしまう。

ゲームが作業になってしまったら、つまらないに決まっている。

 

リアルでの実体験には敵わない

充実→多忙→時間無い

青春、仕事、恋愛その他諸々。こういったもので満たされている人にしたら、そりゃゲームがつまらなく感じるだろうし、そもそも時間がないよね。

 

かくいう僕も、少しだけこういう時代がありました。

気の迷いですね。すぐこっちの世界に帰ってきたけど。アブナイアブナイ。

確かにゲームする時間はなかったかも。

あとは身体的な疲れ、衰えも影響してくるのかな。

 

 

いろいろ考えてはみたけれど、結論は不明w

でも「大人になるとゲームがつまらない」これは事実なんだと思う。

僕がいい年してゲームを楽しめているのは、大人になれていないからかな。

図体だけ大きくなったけど、中身は子供だもん。

 

昔、上司に言われた言葉を思い出す。

「お前は純粋すぎるんだよ。そんなんじゃ大人の世界で生きていけないぞ。」

部下を守ることが悪いこととは言わないけど、先に自分を守ってからにしろ。

たしかこんな話で言い争っていました。

懐かしいなぁ。

結局この人の言う通りになってるからね。大人はスゴイ。

 

どうしたら大人になれるのでしょうか。

でも、ゲームを楽しいと感じられなくなってしまうなら、子供のままでいいかな。

「大人になるとゲームがつまらない」について考えてみたら、

自分の幼さがよく分かったというお話でした。

 

www.blog-kamisan.com

www.blog-kamisan.com