無職ゲーマーの生きる道

ゲームの話、お金の話など。僕の全てがここにある!!

スポンサーリンク

人気の高額商品を転売屋から買うなら『ラクマ』がオススメ

f:id:kamisan_07:20170805214904j:plain

意識すべきは販売手数料。

こんにちは、無職ゲーマーかみさんです。

楽天が運営するフリマアプリ『ラクマ』。

販売手数料がかからないことで有名です。

フリマアプリの最大手、メルカリは10%の販売手数料がかかります。

販売手数料とは、商品が売れた時に出品者がサイト運営者に支払う手数料で、場所代みたいなもの。

これは買い手側には関係ない話に思えますが、そんなことはありません。

人気の商品、かつ高額のものになると影響が大きく出てきます。

今回はメルカリとラクマを比較しますが、他のショッピングサイト、フリマサイトにも同じことが言えます。

出品者の損得を考えると安く買い物ができる

例として相場が30,000円前後の商品、送料1,000円を出品者負担という設定で考えていきます。

メルカリで30,000円で売れた場合、出品者に入る金額は

30,000円-3,000円(販売手数料10%)-1,000円(送料)=26,000円

ラクマで28,000円で売れた場合、出品者に入る金額は

28,000円-0円(販売手数料0%)-1,000円(送料)=27,000円

メルカリで30,000円で売るよりも、ラクマで28,000円で売ったほうが利益が出るんです。

つまり、ここから販売手数料を考慮した価格相場というものが形成されます。

転売屋は数十円、数百円の差に敏感ですから。

ふだん意識しないであろう、売り手側の利益。

これを考えると、安く買い物できるかもしれません。

 

www.blog-kamisan.com

 

www.blog-kamisan.com