無職ゲーマーの生きる道

ゲームの話、お金の話など。僕の全てがここにある!!

スポンサーリンク

ソシャゲの闇と呼ばれる『ガチャ』 奥に潜む真の闇とは。

f:id:kamisan_07:20170804190812j:plain

射幸心。響きがカッコイイ。

こんにちは、無職ゲーマーかみさんです。

 

事あるごとに批判され続けながら、規制の進まないガチャ。

確率表示、確率操作がどうのこうの、射幸心を煽り過ぎでどうのこうの。

どっぷりはまっている人間には、何が悪いのか分かりませんw

仮に規制したとしても、それをかいくぐる同じようなものが生まれるだけじゃないの?

人間って頭良いからね。

まぁ確かに、ギャンブルよりも闇への入り口に立ちやすいということは否定できないけど。

 

 

ソシャゲの真の闇はゲーム性そのもの

 

ガチャはただの一要素にすぎない。

本当の問題点は、終わりがないというゲーム性

どんなにお金をかけても、どんなに時間を費やしてもクリアすることの出来ないゲーム。

だって来週には新しいガチャ、イベントが始まるんだから。

 

これは無職になって改めて痛感した。

コンシューマはプレイ時間が増えることで、積みゲーを消化するスピードが当然速まった。

満足度は高い。

何をもって終わりとするかは人それぞれでも、確実に終わりが存在する。クリアできる。

 

一方のソーシャルゲーム。

今まで金の力で解決していたものを、時間を費やすことで補えるようになった。

でも全くもって心は満たされない。

なぜなら理想が高くなってしまったから。

 

1日30分しか遊べなかった人が、1日3時間遊べるようになったとしよう。

ゲーム内で強くなるスピードは上がっても、同じスピードで理想が上がっていくから追いつけない

 

月5000円課金していた人が、金銭的余裕ができて月5万円課金するようになったとしよう。

ゲーム内で強くなるスピードは上がっても、同じスピードで理想が上がっていくから追いつけない

 

睡眠時間以外すべてを費やすようになったとしても。

月100万課金したとしても。

永遠にクリアできないゲーム。

永遠に囚われたまま。

 

闇に囚われし者。

かっこよすぎる!

 

www.blog-kamisan.com

www.blog-kamisan.com