無職ゲーマーの生きる道

ゲームの話、お金の話など。僕の全てがここにある!!

スポンサーリンク

中国輸入でアパレルを扱うメリット・デメリット

f:id:kamisan_07:20170730232106j:plain

メイドインチャイナ、恐るべし。

こんにちは、無職ゲーマーかみさんです。

中国輸入でアパレルを扱う最大のメリットは、利益率の高さ

とにかく仕入れ値が安い。

あとはリサーチがしやすいのも魅力の1つ。

一方デメリット。これは言わずもがなでしょう。

品質の悪いものが多いということ。

ほつれや縫いの粗さは当たり前。

サイズが適当だったり、色移りしていたり悪臭がするものもあります。

「価格が安すぎるものは避ける」

よく言われていることですが、正直なところ実際に届いてみないと分からないです。

あとは基本的に季節品であるということ。

売れる時期、仕入れる時期、在庫量など考えなくてはならないことが多いです。

品質の悪さによるクレームが多い

どんなに丁寧な対応を心がけていても、品質の悪さが原因でクレームが発生することが多いです。

購入者の「イメージ」と「実物」のギャップ。

ネットでモノを買うときによくあることですが、中国製品なら尚更です。

売り手側とすると、ここは判断が難しいところ。

クレームを恐れて必要以上にマイナス面をアピールしていれば、そもそも売れなくなる。

逆にマイナス面の注意書きは最小限にして、キレイな写真だけを掲載していると、クレームになって揉めることもある。

バランスをとるのが難しいです。

アパレルは初心者向けか否か

微妙なところですが、僕は向いていると思います。

たしかにデメリットも多いですが、"とっつきやすい"のも事実。

いきなり大きく稼ぐのは難しいかもしれません。

ですが、仕入れから販売までの一通りの流れを少ない元手で経験できる

という点で、アパレルは初心者に向いていると言えるでしょう。

 

www.blog-kamisan.com